HOME > グリセラブログ > 低気圧頭痛の対処法!

グリセラブログ

一覧へ戻る

低気圧頭痛の対処法!

今日は雨ですね。

こんな日は頭が痛い!

雨や台風など低気圧の時に頭痛が酷い!

なんて私の周りにもそういう方がたくさんいらっしゃいます。

そこで本日の『グリセラの泉』は低気圧時の頭痛について書いていきたいと思います。

 

【低気圧の頭痛って何?】

よく低気圧で頭痛になる!と言いますよね?

それは、低気圧の日には血圧が下がり、体を巡る血液量が低下します。

その状態で肩こりや首こりがあるとさらに頭部に血液が流れづらくなります。

脳を巡る血液が不足し、ストレスを受けることで血管が拡張します。

拡張した血管が周囲の神経を刺激してしまうので、頭痛が引き起こされるようです。

 

【低気圧による頭痛の対処法は?】

・カフェインの摂取

コーヒーなどに含まれるカフェインは、血管を収縮する作用があります。

・暗く静かで落ち着いた空間へ

眩しい光や大きな音の刺激は、血管を拡張させ頭痛を悪化させます。

・頭痛に効くツボを押す【風池(ふうち)】・【合谷(ごうこく)】

【風池】は、後頭部にあるツボです。

後頭部の真ん中のくぼみと耳の後ろにある出っ張った骨との間に位置します。

親指を使って、押して緩めるを繰り返しましょう。

【合谷】は、手の甲にあるツボです。

人差し指の骨と親指の骨の交わるところ(人差し指寄り)の

少し窪んでいるところです。

こちらも押して緩めるを繰り返してみましょう。

上記のように、ご自身でできることもありますが、

当店ではさらにリラックスした状態で改善していきます。

 

【ヘッドマッサージでスッキリ】

当店のタイ古式マッサージの施術は

90分以上のメニューにヘッドマッサージが付きます。
(お客様からのご要望やセラピストの判断で、短いメニューにもお入れする場合もございます)

ヘッドマッサージとは言っても、肩や首へもアプローチしていきます。

肩コリをほぐし、首の詰まりを改善し、先ほどの風池のツボなども押していきます。

頭部はツボを押したり、優しくシャンプーするようにマッサージしていきます。

頭痛が軽減されるように、

間接照明の優しい光と癒しの音楽の中で、

雨の日の憂鬱な時間を至福な時間にしましょう ^ ^


カテゴリ:

一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

このページのトップへ